ゆう歯科クリニック
  • 〒939-8003
    富山県富山市西公文名町7-33
お電話・ご予約はこちら
076-461-7798

小児歯科|富山市西公文名町の歯医者 - ゆう歯科クリニック

小児歯科

Pedodontics

ご予約フォームはこちら

小児歯科PEDODONTICS

患者さんのなかには、子供の歯(乳歯)はいつか生え変わるから、そんなに重要視していないという考えの方もいます。しかし乳歯が虫歯になると、これから生えてくる永久歯にも、そしてお子さんの身体にも悪い影響を及ぼします。

乳歯が虫歯になると…

小児歯科検診

虫歯があると、噛む事ができずにお子さんの成長を阻害してしまいます。また、噛み応えのある成長に大切な野菜や肉などが食べにくくなり、比較的柔らかい炭水化物を好むようになります。咬む刺激によって顎の成長は促進されます。柔らかい食事は顎の成長も悪くなり、永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。
虫歯が大きくなり、根に膿みがたまったままになると、その下から生えて来る永久歯の形や色が悪くなってしまします。
前歯に虫歯ができて黒くなっていたり、穴があいている事をお子様自身がはずかしく思い、口を開けて笑えなくなってしまう子もいます。
虫歯が増えれば、口臭もしますし、発音も悪くなる事があります。

※乳歯は永久歯に比べ小さくやわらかいので虫歯になりやすく、又、進行もしやすいため 定期的に検診をする事が大切です。

乳児の虫歯の治療

1. 初期(C0~C1)
虫歯の進行01 虫歯の進行02

削らずに歯磨きの仕方の練習をしフッ素などの予防処置をします。

2. 中程度(C2)
虫歯の進行03

虫歯を取り詰め物をし、歯の形に治し見た目と咬み合わせを調整します。詰め物はほとんどの場合、白い詰め物(プラスチックの樹脂)を使用しますのでとてもキレイです。

3. 神経まで進行(C3)
虫歯の進行04

虫歯が大きくなると、根の中の神経が汚染されます。ここまで虫歯が進行すると非常に痛いです。麻酔をし、汚染された神経を除去・お薬で消毒します。最終的に根がキレイになったら白い詰め物をし歯の形に治し噛めるようにします。

泣いたり暴れたりしてしまうお子様

初期虫歯でない限り、虫歯は自然に治る事はありません。特に乳歯は進行も早く歯が小さいため神経まで進行してしまう事も少なくありません。出来る限り早く治療する必要があると考えています。小さなお子さんでは、上手に治療ができる子もいれば、泣いて暴れる子もいます。
なかなか上手に治療できないお子さんでも、できる限り治療させていただいています。
そして、当院では無理やりしたり押さえ付けて治療をしたりは極力しません。無理やり治療を行うと、トラウマになり大人になっても歯科医院に通わなくなる可能性があるからです。また、医療事故が起きやすくお子さんの命にも関わるからです。そのような事故が実際に起こっています。しっかり説明を行い楽しく治療ができる工夫をすれば、ほとんどのお子さんが最初は上手にできなくても治療を重ねる事により、治療が痛くない・恐くないと理解し、だんだんと上手にできるようになる事が多いです。

乳歯の虫歯予防法!

歯磨き指導

1.食事

炭水化物や甘いお菓子が多いお子さんは、歯磨きしていても虫歯になります。お菓子を食べてはダメというわけではありません。お菓子の種類と食べる時間などを改善することで、虫歯を予防することができます。

フッ素塗布

2.フロスを使う

歯の表面が虫歯になっている子は少ないです。虫歯のほとんどは歯と歯の間です。歯ブラシでは歯と歯の間の汚れは除去できませんので、是非ともフロスを実践してほしいです!

シーラント

3.低濃度フッ素を毎日使う

フッ素入りの歯磨き粉や洗口剤をとにかく毎日使うことです!毎日使うことで、乳歯は強くなり虫歯になりにくくなります。

虫歯予防

① 歯磨き

一番重要な予防法です。お子さんがお口の中の汚れをすべて落とす事はなかなか出来ません。できれば小学生のうちは保護者の方の仕上げ磨きができると良いと思います。
しかし、お子さんが自分自身で歯磨きをする習慣を身に付けることはとても大切です。
できればお子さんがしっかり2~3分程度歯磨きをする姿を見守ってあげて下さい。又、嫌がってなかなか磨かせてくれない小さいお子様にはまず、保護者の方自身が楽しそうに歯磨きする姿をお子様に見せてあげることが大切です。見ているうちに自分から歯ブラシを持ちたくなるお子様が多いです。

② フッ素

虫歯予防としてよく知られています。予防効果はとても高いです。単にフッ素といっても色々な物があり年齢に応じて合うものを使用する必要があります。当院では歯科医院でしか塗れない高濃度フッ素の塗布をおすすめしています。又、ご自宅でも毎日使っていただけるジェルもありますので、お気軽にご相談下さい。

③ シーラント

乳歯が虫歯になる場所で多いのが奥歯の咬む面の溝です。奥の溝は見た目以上に細く深いため、虫歯になると見た目は小さく見えても中で大きくなっていることがあり、重症化していることも少なくありません。そして厄介なことに、この溝は歯磨きしているつもりでも歯ブラシが届かず、どんどん虫歯は進行してしまいます。シーラントは、これを予防するために歯の奥の溝にフッ素の含まれる樹脂を詰めて虫歯を予防するお薬です。特に生えたばかりの6才臼歯は磨きづらいですし、虫歯になりやすいのでおすすめします。

④ キシリトール

毎日お菓子を食べる習慣をキシリトールガムを咬む習慣にすれば、かなりの虫歯予防になると思います。適量を摂取することが大切です。最も手軽にできる虫歯予防なので是非お勧めします!