ゆう歯科クリニック
  • 〒939-8003
    富山県富山市西公文名町7-33
お電話・ご予約はこちら
076-461-7798

歯科一般|富山市西公文名町の歯医者 - ゆう歯科クリニック

歯科一般

General

ご予約フォームはこちら

虫歯の治療TOOTH DECAY

虫歯の治療

  • 虫歯の進行01
  • 虫歯の進行02
  • 虫歯の進行03
  • 虫歯の進行04
  • 虫歯の進行05

虫歯の大きさにより治療方法も変わってきます。
虫歯の範囲が小さい場合は、治療が1日で終わるプラスチックの白い詰め物をします。
虫歯が深い場合や範囲が広い場合は、被せ物で歯を補います。
なるべく侵襲性の少ない治療をお勧めしますが、虫歯が大きく神経が感染してしまっている場合は、神経を除去する処置をします。虫歯で穴が空いた部分は補強し、その上に被せ物をします。
 ※自費診療ではきれいで白く虫歯になりにくい被せ物での治療もできます。
当院では、口腔内写真を用いた詳しい説明をし、いくつか治療法をご提示しますのでご納得いただいた方法で治療を進めていきます。

根管治療

根管治療

虫歯が大きくなると、歯の中の神経に感染してしまいます。そうなると根管治療が必要となります。

出来る限り痛みのない治療

神経まで達する大きい虫歯のほとんどが、激しい痛みを伴います。症状が強い歯は麻酔が効きづらく、根管治療を行う時辛い思いをされる患者さんがとても多いです。
なるべく痛みが出ないよう当院では様々な取り組みを行っております。

表面麻酔の塗布

最初に麻酔をする前に表面麻酔を塗布し、麻酔をする際の痛みを抑制します。

なるべく痛みの少ない麻酔

麻酔の薬液注入時に、歯肉に液が急激に押し込まれることで痛みが強く出ることがあります。
そのため当院では、弱圧での麻酔を行っております。麻酔の手技テクニックで弱圧麻酔を行うこともありますし、電動の弱圧で麻酔できる装置を使用する場合もあります。
患者さんの身になり、丁寧な処置をすることで通常通りの麻酔よりも痛みを少なく麻酔を行うことが出来ます。

*麻酔が効かないときには

炎症が強く通常の歯肉への麻酔が効かない場合には歯根膜麻酔といって歯と骨を繋いでいる歯根膜腔に麻酔を行います。それでも効かない場合は、神経に直接麻酔を行います。この麻酔はかなり効果的です。 当院では痛みがある状態で、無理やり治療を続けることは極力ないよう最大限尽力いたします。

根管治療

安全安心な治療

当院では滅菌に力を入れています。根管治療に使用するリーマー、ファイルなどは全て洗浄後滅菌を行なっています。

歯周病PERIODONTAL

歯周病は、歯周プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、周りの組織を破壊していく細菌感染症です。

そしてこの病気の怖いところは、「痛み」などの自覚症状が感じにくく、知らない間に症状が大きく進行してしまうところです。「お口の中のサイレントディジーズ(静かな病気)」とまで呼ばれています。 そのため、成人の方の歯を失う1番の原因と言われています。

歯を失う原因グラフ

また、歯周病の脅威はお口のだけに留まりません。歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など様々な病気の原因になりえます。妊娠中のお母さんでは、歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています(タバコやお酒よりリスクが高い)。歯周病を甘く見ず、予防とともに早期治療に努めましょう。

歯周病の症状

歯周病の症状

こんな症状はありませんか?

以下の項目に心当たりがあれば、歯周病の可能性があります。お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯茎がむずがゆい、痛い
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯茎から膿が出る
  • 口臭がキツくなった
  • 硬い物が噛みにくい、噛むと痛い
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間ができた
  • 歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 3つ当てはまる場合

    油断は禁物です。ご自身および歯科医院で予防するように努めましょう。

  • 6つ当てはまる場合

    歯周病が進行している可能性があります。

  • 全て当てはまる

    歯周病がかなり進行しています。

歯周病の進行

歯周病の進行

軽度歯周病

軽度

歯茎に炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血する事があります。

中等度歯周病

中等度

炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度歯周病

重度

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯茎からは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

お口のケアを怠ると細菌の塊であるプラーク(歯垢)が形成されます。
このプラーク(歯垢)1mgの中には10億個の細菌が住み着いていると言われおり、毒素が歯茎にしみ込んでいきます。
このプラークが歯周病の原因であり、歯茎からの出血などの炎症を引き起こします。プラークは本来歯と同じ色なので見つけるのが困難です。
また、プラークは取り除かないと、石灰化して硬くなっていき、歯石がつくられます。歯石にはプラークが付きやすく、歯石の上に急速に形成されます。この歯石は歯ブラシでは取れません。

次のようなことも歯周病を進行させる因子になります

  • 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  • 不適合なクラウン(かぶせ物)や義歯(入れ歯、ブリッジ、インプラント等)
  • 不規則な食習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常等)
  • 薬の長期服用
  • 歯周病の治療

治療の流れ

掃除指導

1.掃除指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解した上で、正しいブラッシング方法を学んでいきます。
正しいブラッシング方法を身につける事が歯周病予防の1番の近道です。

スケーリング(歯石除去)

2.スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラー(歯科用の器具)を使用して取り除きます。

フラップオペレーション

3.フラップオペレーション

<フラップオペレーション>

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除く事は不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯垢や歯石を取り除きます。

<歯周再生治療>

「歯茎が下がって歯の根が見えている」「骨が溶けてしまった」といった症状に対して、歯茎や骨を再生する治療が行なえる場合があります。
歯茎の移植や、骨を作る材料(エムドゲイン®、リグロス®、骨補填剤)を使用することで、歯茎や骨を再生します。症状によっては、保険適応できる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

メンテナンス

4.メンテナンス

治療が終わった後に継続して、良いお口の状態を維持する事をいいます。歯周病は一度改善したとしても再発することが非常に多いです。そのため、歯科医院での専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行うことが大切です(歯ブラシだけではお口の汚れの60%しか除去できない)。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。